インプラント治療のご案内

当院のインプラントのこだわり

抜歯即時埋入

当院では適応となる患者様には、抜歯即時埋入という方法でインプラント治療を行っています。抜歯即時埋入とは、抜歯をした同日にインプラントを埋入する方法です。

従来のインプラント治療では、抜歯後3~6カ月の治癒期間を経て、インプラントの埋め込み、かぶせ物の作製などを行うため、全体で半年~1年の治療期間が必要でした。

抜歯即時埋入では、抜歯と同時にインプラントを埋め込むため、治療期間を大幅に短縮することが出来ます。

また、切開をしないため、歯肉のダメージが少なくなり、審美的にキレイな歯に仕上がります。

インプラントを埋め込むためには、ある程度の骨の高さが必要になります。抜歯した部位の骨は吸収してしまいます。抜歯即時埋入では、抜歯直後にインプラントを埋め込むため、骨の吸収を抑えることが出来ますので、インプラントの安定にもつながります。

抜歯即時埋入には多くのメリットがありますが、通常のインプラント治療に比べ、高度な技術と繊細さを必要とします。

私(院長)は、大学で口腔外科を学び、その後も多くのインプラント治療の経験を積んでおりますので、インプラントをお考えの方は、安心してご相談ください。

HAインプラント

現在のインプラントはTi(チタン)インプラントが主流ですが、当院ではHA(ハイドロキシアパタイト)インプラントも用いることで、より多くの患者様に抜歯即時埋入が可能となっております。

HAインプラントとは、インプラントの中心部がチタン、その周りがハイドロキシアパタイト(歯や顎と同じ成分)で作られている、材質が2重構造のインプラントです。

抜歯即時埋入のメリット・デメリット

抜歯即時埋入のメリット

・ 治療期間、治療回数を短縮できる
・ 患者様の負担を軽減できる
・ 術後の感染リスクを抑えることができる
・ 審美的にキレイな歯に仕上がる

抜歯即時埋入のデメリット

・ 非適応例が存在する
・ 抜歯を慎重に行うため、手術時間が少し長くかかる事がある

インプラント治療とはどんなもの?

インプラント
インプラント治療に興味はあるけれど、自分にもできるのかわからない、もしくはなんとなく不安、という方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために、インプラントはどのようなものかご紹介していきます。

インプラントはこんな方に最適な治療です。

インプラントは次のような方に最適な治療です。

■ 自分の歯のようにしっかりと噛みたい

インプラントは歯を失った部分に人工の歯根を埋め込んで、その上に人工歯をかぶせる治療です。人工の歯根は自分の骨としっかりとくっつくため、ものを噛んだ感触が天然の歯に非常に近く、硬いものでもしっかりと噛むことができるのが最大の魅力です。

■ 自然な見た目にしたい

インプラントをして外から見える部分というのは、歯茎の上に出ている人工歯の部分です。人工歯は天然歯の見た目に近いセラミックですので、とても自然な見た目で周囲から人工物と気づかれることはありません。

■ 周囲の歯にダメージを与えたくない

インプラントは歯を失った部分に独立して歯をたてることができるので、周囲の歯にダメージを与えません。それに対し、歯を補う他の治療法である入れ歯やブリッジでは、単独で装置を入れることができず、周囲の歯に金具をかけて力の負担がかかりすぎてしまったり、周囲の歯を大きく削らなければならない、というようなデメリットがあります。

■ ずっと若々しさを保ちたい

インプラントは歯を失った部分に独立して歯をたてることができるので、周囲の歯にダメージを与えません。それに対し、歯を補う他の治療法である入れ歯やブリッジでは、単独で装置を入れることができず、周囲の歯に金具をかけて力の負担がかかりすぎてしまったり、周囲の歯を大きく削らなければならない、というようなデメリットがあります。

インプラント治療はリスクが不安・・という方へ

インプラント治療はすでに半世紀ほどの歴史があり、90%以上の成功率を誇る、安全な治療法であると言えます。しかし、どんな治療にもリスクがあるように、インプンラトに関しても例外ではありません。実際皆さんもインプラントに関する事故など、リスクに関するニュースを耳や目にしたことがあるでしょう。インプラントを受ける前にそのようなリスクについても知っておく必要があります。

インプラントのリスク

手術のリスク

インプラントは手術を必要とします。それゆえ、重度の全身疾患がある人は手術のリスクが非常に高いため、体のことを優先し、手術が行えない場合もあります。また、インプラント手術時に大事な血管や神経、周囲の大事な組織を傷つけてしまうというリスクもあります。

抜け落ちてしまうリスク

インプラントは骨という生体に埋め込む治療であるため、手術後インプラントがうまく骨にくっつかない場合や、一度骨にくっついても、お手入れが悪いと細菌が感染して抜け落ちてしまうリスクがあります。

インプラントのリスクは避けられます

インプラントのリスクを聞くと、「怖いなぁ」と思ってしまうかもしれません。ですが、リスクを回避するための万全な対策をとっている歯医者で治療を受ければ、このようなトラブルが起こることはほとんどありません。インプラントのリスクを避けるためには、次のような歯医者選びが大切です。

手術の前にきちんと検査をしている

インプラント手術を安全に行えるように、患者さんの健康状態についてきちんと問診を行っているか、手術を行うにあたって通常のレントゲンでなく、CT撮影を行って骨などの状態を確認しているか、というかということが大事です。

衛生管理が行き届いている

感染を防ぐために、手術のための個室を備えているか、器具をしっかりと滅菌する設備を備えているか、などの衛生対策をきちんと行っている歯医者選びが大事です。

術者が豊富な知識、経験を持っている

手術を行うドクターが信頼できるかというのはもちろん大事なことです。豊富な知識や経験を持っていることはもちろん、説明をしっかりしてくれる(デメリットを含め)、しっかりと話を聞いてくれる、治療後のメインテナンスをしっかりと行っている、ということも大事です。

インプラントを長く持たせるためには患者さんのお手入れが一番大事ではありますが、歯医者選びも欠かせない重要なポイントです。ざいもくちょう歯科では患者さんに安心してインプラント治療を受けていただける体制を整えています。ぜひ安心してご来院ください。